ほうれい線対策を考えてみた 30代の美容の衰えは深刻

Spread the love

30代後半になってくると自分でもびっくりするくらい老けたと感じることが多々あります。

美容面の衰えを顕著に感じるので恐怖ですらあります。

出産を経験したからだと自分に言い聞かせていますが女性である以上美しくあり続けたいと思うのが本性です。

例えば朝起きてびっくりするのが法令線です。寝ている間に深く刻まれるのか起きたてはしわが深く入っています。

また私の場合は小さい頃から目が窪みがちでしたが、最近はずっと窪んでしまって自分ではもう老婆みたいだとため息がでてしまいます。ちょっと暗闇に入ったり、上からのライトが当たるとお化けの様に顔に影が入ってしまうので人と会うときはなるべく明るい場所で会うようにしています。

また車の窓ガラスや、電車の窓にうつり込んだ自分の姿を見てギョッとすることがあります。

頭の中では20代の頃の自分が残っているので、現実はこれが本当の自分なのかとショックで家路に着いたりします。

最近は子供が小さいのでたくさん写真を撮りますが、年々老けてうつる自分がいるので子供と主人のみの写真が増えています。

老化は皆が通る道で老けない人はいないと自分に言い聞かせていますが、40代になったら転がる様に老けると聞くと今から恐怖です。

もし出産していなかったら、子供が大きくなっているからしょうがないと思えなかったのではないかと思う事もあります。

昔は目の悩みだけだったのが、今は勝手にやせて頬がこけたようになっているので頬に肉をつける方法をしりたい位です。

ダイエットの記事は巷にあふれているのに、太る方法は見つからず、
太る事が体質的に難しい私にとってはたくさん食べても太らないので顔がげっそり骸骨みたいでまたあらたな悩みが増えたと落ち込む事も多々あります。

美容面に納得していないと外出もおっくうに感じるようになりました。

若い頃は髪型を変えてカバーしていたことが30代後半にもなると髪型をいじると痛いおばさんになってしまうし、伸ばすと汚いと言われるし、おばさんにボブスタイルが多いのが納得できるようになりました。

どんどん進行する老化には対抗できないのでせめて年相応でいたいというのが最近の願いです。

そして、いつまでも落ち込んでばかりいられません。

問題点を一つ一つ挙げ、ゆっくりでいいから解消していくことにしたんです。

私が気になっていること

1.ほうれい線
2.シワたるみ
2.目の窪み
3.頬がコケる

わー、この言葉を聞いただけでも年齢を感じてしまいます。
職場の先輩にアンチエイジングについて話すと、
まだまだ30代なんだから若い若い!って言われますが。

気になるものは気になります。

ほうれい線を治すには、頬の垂れ下がりをなくすこと。
これは簡単そうでなかなか難しい。

テレビでやっていた顔面体操、顔ヨガが気になりネットで探してみました。

顔ヨガの第一人者 間々田桂子先生が話題みたいです。

1週間で劇的変化! 10秒顔ヨガパーフェクトプログラム

早速やってみると、いい気持ち!

一度試しただけでもなんとなく引き締まった気がします。

そしてもう一つ発見したほうれい線対策。
それはなんと、刺すヒアルロン酸

ヒアロディープパッチ

肌に刺す、なんてなんだか怖そうなんですが、ちょっとチクチクするけれど
ヒアルロン酸のハリが10分位で溶けて、お肌に浸透していくのでチクチクが続くわけではないんですよー!

痩せたい人は沢山いらしたり、痩せる方法も溢れんばかりの情報がありますが
痩せている人が太る情報ってなかなかないんです。

痩せたい人からみると、贅沢な悩みなんでしょうけれど
痩せすぎということは、マイナス5歳肌、どころかプラス5歳肌になってしまいますから本当に憂鬱なんです。

友人から、太るサプリがあると聞いたのですが・・。

それはもう少し調べて、次回お伝えしますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。